住宅の日当たりは左右される

住宅の日当たりは、天気に大きく左右されることがありますが、過ごしやすい環境の物件を選ぶにあたり、プロの業者のサポートを受けることが不可欠です。また、経験豊富な従業員が在籍している不動産会社などの公式サイトやパンフレットなどを参考にすることによって、おすすめの物件の間取りやデザインについて、すぐに理解を深めることが可能となります。もしも、住宅の日当たりの良しあしについてわからないことがある場合には、空き時間を利用しながら、物件の見学会に参加をすることで、担当者とコンタクトをとることがとても効果的です。

悪影響を及ぼす日当たりのこと

日当たりは、国土の狭い日本では限られた敷地に建築する為、通り一遍のプランニングでは取り入れられる量に限界があり、建築基準法の定める彩光率をクリアーして諦めてしまう事が大部分です。日当たりの悪い住宅に長く住み続けると、記憶のインデックスの役割を果たす海馬を始めとして身体の至る所に存在し、時間パターンにより異なる生理機能を選択的に制御する時間細胞に悪影響を及ぼし、体内時計を大きく狂わせ鬱症状や全身の倦怠感などを引き起こします。また、住宅内部や床下に湿気が溜まりカビを発生し、カビの胞子により呼吸器系の疾患やアレルギーを引き起こす原因となります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 日当たりの良い住宅のこと All rights reserved