日当たりの良い所でガーデニング

ガーデニングを快適に行うことができる住宅を選ぶにあたり、日当たりの良しあしをきちんと見極めることが大事です。特に、人気の高い物件の大半は、採光にこだわりがあることが分かっており、短期間のうちに顧客の対応の良い不動産会社や管理会社などに相談をすることが良いでしょう。また、ガーデニングに適した住宅の選び方について迷っていることがあれば、大手のハウスメーカーの展示会などに参加をすることによって、担当のスタッフと念入りに話し合いをすることによって、いくつかのプランを提案してもらうことがとてもおすすめです。

住宅には日当たりが必要

日本には春夏秋冬の四季があります。住宅では夏は涼しく、冬は暖かく過ごしたいものです。これについて、日当たりは矛盾します。真夏は木陰の緑陰のように涼しく過ごしたいし、冬は日向ぼっこをしながら暖かく過ごしたい。それを解決するために二つ例をあげましょう。一つ目は、庭先に落葉樹を植える。夏は木漏れ日が差し涼しい通風が得られ、冬は落葉し日当たりが良くなる。二つ目は、軒やひさしを多く出す。軒の出が深いと夏の直射日光が住宅内に入射せず、冬の低角度の直射日光は入って、暖かくなる。以上は、敷地にゆとりが有り、樹木を植えたりできるような土地が必要ですが。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 日当たりの良い住宅のこと All rights reserved