日当たりの良い間取りの住宅とは

自分の住む住宅で日当たりは気になるポイントだと思います。南向きだと良いですが、北向きや、隣に三階建てや家が密集していて住宅に陽が入りにくいという場所もあります。そんな時は間取りを工夫すると良いでしょう。リビングに陽が入るようにしたい場合、周囲に家が密集していて1階リビングだとなかなか難しいと思いますので、2解リビングにすると効果的です。また、土地の広さに余裕があれば北側に庭を設け、密集しないように家を建てる等、間取りを工夫するすることにより、日当たりを良くすることもできるので、相談してみると良いでしょう。

日当たり良好な家に住もう

住宅は日当たりが良好な家に人気があります。理由としてまず家のカビの繁殖を抑え湿気を飛ばしてくれますし、洗濯物も外に干す事でよく乾きます。また室内にも沢山の光が降り注ぐような間取りにする事で、日中は電気を使わなくても部屋が明るくなります。明るい部屋は自然と暖かくなってくるので電気の節約にも繋がります。さらに朝の目覚めも良くなりますし、雪が沢山降った日も早く溶けてくれます。住宅にお庭がある時は家庭菜園もでき植物もよく育ちます。このように日当たりは暮らしていく上で沢山のメリットがある為、これを重視することによりよりよい住まいを見つける事ができるのです。

↑PAGE TOP

Copyright © 日当たりの良い住宅のこと All rights reserved